FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日10月15日はチロルちゃんの月命日でした。
毎回言いますが、長いような、短いような…。。。

2018-10-16a.jpg

チロルちゃん、今はお月様でチロルちゃんのお母さんに会って甘えているのかな。
チロルちゃんには兄弟姉妹もいたのかな。
チロルちゃんより長生きしてる子はいるのかな。。。

そんな事を考えたりしています。



会社の人からまたにんじんの葉っぱをいただきました。
たくさんもらったのですが、お供え用に少しだけもらい、
後は近所のうさ友さんにおすそ分けしました。
そのうさ友さんが、チロルの羊毛フェルト人形をプレゼントしてくれました。

2018-10-16b.jpg

残っていたチロルのを中に入れてくれると言うので渡したのですが、
私はそのまま突っ込むのだと思っていたら、丁寧に小さな瓶の中に入れてくれました。
そのままだったら主人が触るのイヤかもと言っていたので、
瓶に入れてくれて良かったです(笑)。
毛とか残さなかったので、ちょっと後悔…。。。

ミニチロル、毎日鼻筋辺りを撫でています



チロルちゃんがいなくなってから、
SAVE THE RABBITS さんという、保護する事が目的の団体ではないのですが、
たくさんのうさぎを保護している状況で何か少しでも
自分もうさぎの為に何かできないかと思い、
牧草を毎月送っています。
まぁ無理のない範囲でなので、保護されている子の中の1~2頭分ぐらいの
食料にしかなりませんが…。
病院代も色々かかるようですし、
ご興味がありましたらHPやブログを少し覗いてみてください。

自分も出来る限り支援を続けていけたらなぁと思います。

牧草を食べていくれているか、いつかここのうさぎさん達に会ってみたいなぁ。



2018-10-16c.jpg

2018年5月14日のチロルちゃん。
この頃はまだまだ元気だと思っていたのになぁ…。


スポンサーサイト
2018.10.16 Tue l うさぎ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、9月15日はチロルちゃんの月命日でした。
もう2ヵ月になるんですね。。。

2018-09-16a.jpg

四十九日を過ぎて、お供えは終えようと思っていましたが、
やっぱり何もしないというのが出来なくて、
毎朝お水をあげています。

月命日は、少しだけどお花を飾ろうと思っています。
なんとなくお花を買うことで心が少し安らぐので…。

四十九日までの間、
欠かさず人参の葉っぱをお供えしようと思っていたのですが、
時期的になかなかお店に売ってなくて、
かと言ってネットで注文してまではやりすぎかなと思って諦めていたのですが、
職場の方のご両親が家庭菜園をやっていらっしゃって、
お供えにと時々間引き菜を持ってきてくださいました。
お陰様で四十九日までの間ほぼお供えしてあげる事ができ、
その方には本当に感謝です。
ありがとうございました。

そしたら先週、また「間引き菜あるけど、お供えする?」
とお声をかけてくださったので、月命日にお供えすることができました。

2018-09-16b.jpg

まだあるので、しばらくお供えできそうです。


最近また一眼レフを撮りたくなって、
上の写真は一眼レフの単焦点レンズで撮りました。
でも適切な設定がわからなくて、結局Photoshopで色調整するという…(^_^;)

被写体がいる時にもっと写真撮っておけば良かったと後悔…。。。



どこかカメラ習いに行きたいな~。




2018年1月15日
2018-09-16c.jpg

出入り口じゃない所に新たに穴を開けて
顔を出してくつろぐチロルちゃん。


2018.09.16 Sun l うさぎ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、9月1日にチロルちゃんの四十九日を迎えました。
なんだかネットで調べると関西は数えるのが1日前だと書いていたのですが、
主人と二人揃っている土曜日の方が都合が良かったので…。

2018-09-02a.jpg

ずっとお水とペレットと牧草と野菜、それからお花を絶やさないようにしてきましたが、
これで一区切りしようと思います。
10年間ずっと毎日ご飯をあげていたので、あげないことがものすごく
後ろめたい気持ちになってしまうのですが、いつまでもそうしていると
チロルが私の事を心配してしまうと思うので…。

火葬場選びについてはものすごく後悔があったので、
初七日から毎七日ごとに主人と二人で自分たちなりの法要というか
お見送りをしたので、私的にはそれで少し気持ちが軽くなりました。

四十九日までの間、特に不思議な事が起こったりはありませんでした。
少し淋しい気持ちもありますが、チロルちゃんは兎生を全うしたからだと思って、
安心してお月様に行ってもらえればそれでいいのかなと思います。

私がいつまでもメソメソしててはいけないと思いつつ、
まだまだチロルちゃんのことを想うと涙が出てきます。

病気をしてからの事ばかりを考えるのではなく、
元気な姿を見せてくれていた時のことを思い出せるよう、
昔の写真を見直して、A4サイズのパネルをいくつか作りました。

ブログを更新していなかった時の3年間の写真を
またたまにブログで紹介(記録)していこうかなと思います。

こんな更新していなかったブログでも
読んでくださる方がいらっしゃって、本当に嬉しい限りです。

私がチロルと一緒に生活し始めた頃に見ていた
うさぎブログの方々も、殆どが見送ってらっしゃって
また次の代のうさぎさんと過ごされていたり…。
そう思うとチロルは長生きしてくれたんだなぁと本当に感謝です。

またいつか、チロルちゃんと出会えますように…。


2018.09.02 Sun l うさぎ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日はチロルちゃんの11歳のお誕生日です。
といってもお迎え記念日が8月20日なので、
本当の誕生日は7月で、
生きてるうちに11歳を迎えたのかも知れません。

お迎え記念日というのも、
弟がペットショップコジマで一目ぼれして買って来たのが2007年8月20日。
その後育児放棄に近い状態の可哀相な幼少期を過ごして、
私が引き取ったのが2008年8月14日。
幼少期の食生活はよろしくなかったようですが、
11年近くも長生きできたのは奇跡的だったのかなぁ。。。



毎年恒例のバナナケーキ。

2018-08-20a.jpg

出来れば今年も一緒にお祝いしたかった。
でもまだ四十九日過ぎてないから、
きっとお部屋のどこかで、てっぺんのいちごをかっさらって食べてるよね。

泣きながらハッピーバースデーの歌を歌って、
泣きながら残りのバナナを1人で食べました。



1年前の今日は、記念すべき10歳のバースデーでした。
大したことはしてませんが、ささやかなお祝いをしました。

2018-08-20b.jpg

2018-08-20c.jpg

2018-08-20d.jpg



ブログを始めて、写真をキレイに撮りたくて一眼レフを買ったのに、
ここ2、3年は手軽に携帯でばかり撮っていたので、
もっと一眼レフで撮っておけば良かったとすごく後悔しています。
もう二度と新しいチロルちゃんの写真を増やす事は出来ないのね…。


2018.08.20 Mon l うさぎ l コメント (2) トラックバック (0) l top
チロルちゃんが7月15日に旅立ってから、ちょうど1ヵ月が経ちました。
早いような、長いような…。

2018-08-15a.jpg

もう病からは解放されたのだから、
ペレットと牧草だけをお供えすれば良いと思うのですが
最後の1ヵ月のクセが抜けなくて、毎日朝晩野菜を用意してしまいます。
四十九日までは続けようかなと思っています。




チロルちゃんが旅立つ前日は、食欲もあまりなく、
にんじんとリンゴだけは食べてくれていましたが、
このままではどうにもならないと思い、
かかりつけの病院に電話してセカンドオピニオンに行ったこと、
一時危篤状態になったことなどを説明し、もう体力があまりないので
診察を一番最後に診て欲しいと無理をお願いしたところ
了承いただいたので、7月15日のお昼過ぎに連れていく事になりました。

病院から診察の1時間前に電話がかかって来る予定でしたが、
待ってる間は本当にドキドキしていました。
チロルちゃんはもうケージで背中を向けて痛そうにしていたので、
私も辛くて見てられず、1人で別の部屋で昼食を取っていました。
今思えば、自分のご飯より少しでも長く撫でてあげてればよかったと後悔しています。

電話がかかって来たので覚悟を決めてチロルをキャリーに入れました。
一緒に入れていたにんじんをポリポリ食べ出したので、
時間に遅れてしまうのはわかっていましたが、この時はなんだか
どうしても1つ完食させてあげたくて食べ終わるまで待っていました。

車での道中も弱々しかったですが、耐えてくれました。
時間に遅れて病院に着きましたが、後から考えたら
少しでもチロルちゃんと長く居られたので良かったです。
病院に着いてすぐリンゴを差し出したら食べてくれました。

すぐに診察が始まりました。
一度麻酔をかけて眠っている間に体をキレイにして、
鼻涙管洗浄することになりました。
預ける時に一瞬、不安を感じましたが、にんじんをポリポリ食べていたので
大丈夫だと思い、そのまま預けました。

次に呼ばれた時には先生は心臓マッサージをしていて、
結局そのまま麻酔から覚めずにチロルは旅立ってしまいました。。。

チロルちゃんに良かれと思ってセカンドオピニオンを受けた事、
今回麻酔をかけて体をキレイにしてもらう事、決断したのは全部私です。
やる事が全部裏目に出てばかりでチロルちゃんを苦しめたと泣き叫びました。
看取ってやれなかった事を詫びました。

でも今思うのは、チロルちゃんは神様に連れて行かれたような気がします。
最後の奇跡の1週間を頑張り抜いたから、
神様がもう充分頑張ったから帰っておいでと連れていったのかな、なんて思います。

チロルちゃんの兎生が幸せだったのかは本兎にしかわかりません。
でも病院から帰った後で見つけた、食べかけのにんじんを見て
私の元に帰ってくる気ではいてくれたんだなと思いました。
かあちゃんはチロルちゃんの事今でも大好きだよ。大事な大事な娘だよ。

次の日の夕方に火葬することになりましたが、
私は呆然としすぎて何にも考えられずでしたが、主人がお見送り用に箱を飾ってくれたり、
チロルの目から鼻の間の毛が全部抜かれて痛々しかったのを
綿でふさふさに見えるようにしてくれたり、チロルちゃんへの手紙を一緒に書いてくれたり
私が考え付かない事を色々してくれました。感謝です。。。


薬さえ減らさなければ、まだまだ元気で一緒にいられたかも知れないなどと思っても
もう後の祭りです。先生と一緒に決めたのは自分です。
動物の命を預かるというのはこういう事なんだなと、改めてその重みを感じました。

チロルちゃんは私のダメージを最小限にしていってくれたような気がします。
一時危篤のあと奇跡の復活をしてくれたこと、
仕事中はペレット完食して安心させてくれたこと、
最後まで自分の足で立っていたこと、
にんじんだけは食べて安心させてくれたこと、
3連休で主人と一緒に火葬に立ち会えたこと、
10年以上生きてくれたこと。。。
感謝しかありません。

チロルちゃん、私の所に来てくれてありがとうね。
大事な大事な娘。愛しとーよ。

2018-08-15b.jpg
2018.08.15 Wed l うさぎ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。