上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
少し間が空きましたが、大久野島の続きです。
って、もう行ってから1週間経っちゃったんですね…(^^ゞ。



北部砲台跡を過ぎて島の先端を望みながら歩みを進めます。

20130324-01.jpg

20130324-02.jpg

思うに、島の東側、人が通りすぎるだけの山道にいるうさぎさんは
とても警戒心が強く、また、ご飯を貰えるチャンスも少ないので
生きるのに辛い環境のような気がします。

体力のある方は是非、東側や島の中央の山道にいるうさぎさんにも
ご飯をあげに行ってください。

ただし!中部砲台跡から北部砲台跡までは階段が続き、
カートを押しては行けませんのでご注意ください。
(※昨年そこで体力を使い果たした…(+_+)。うさぎもいなかったし…)

20130324-03.jpg



島の北端から折り返したとこらへん。

20130324-04.jpg

20130324-05.jpg



毒ガス貯蔵庫跡。

20130324-06.jpg

こんなものが二度と活用されることのないように…。



テニスコート、グラウンド周辺。

20130324-07.jpg

20130324-08.jpg



休暇村周辺になりました。

20130324-09.jpg

わかりにくいかもしれませんが、
黒い粒々は全部うさぎさんのうん●。。。

この辺には警戒心の薄いうさぎさんがわらわら…。

20130324-10.jpg

20130324-11.jpg

わらわらわらわら…。。。



20130324-12.jpg

おちり~



20130324-13.jpg

この子は穴にお腹をしずめて変な姿勢でくつろいでます。

20130324-14.jpg

ここもわらわら…。。。

わらわらいるけど、決して平和ではなく、縄張り争いなどで
鼻や耳を怪我してる子もいっぱいいて、大変なんだなと思いました。



20130324-15.jpg

おちり2ショット



20130324-16.jpg

喉乾くよね~。



20130324-17.jpg

島のいたる所穴ぼこだらけ。。。



20130324-18.jpg

帰りの船は小さな船なので結構揺れました。

大久野島、行かれる方はutaさんのブログの注意事項などをよく読んで
ルールを守って楽しい思い出にしてくださいね。

また、島のうさぎさんは野生化した子なのでうさぎダニなどが
ついていると思われますので、
帰ったら自分の飼いうささんにダニがうつらないよう、
服を着替えてから触れ合ってくださいね。



【おまけ】
帰りの吉備インターでの晩御飯。うまし!!

20130324-19.jpg



※コメントのお返事が遅れております。
申し訳ございません

-------
ご訪問ありがとうございます!
人気ブログランキングに参加中!!
人気ブログランキングへ


2013.03.24 Sun l うさぎ l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは♪
ん~(≧艸≦)e-266
うさぎさんが あ”~たくさんいる~e-266
こんなにたくさんのうさぎさんに囲まれちゃったら…興奮して気絶しちゃいそうですぅ~i-237
あちこちでセクシーポーズ♪
もう萌え萌えですv-352

2013.03.25 Mon l すずたん. URL l 編集
お腹いっぱいになったうさぎさんたち、くつろいでますね~

約、10日ぶりにあのときのうさぎさんたちの写真見ましたが…すごーく昔の出来事のようですf(^_^)

真夏や真冬は大久野島のうさぎさんたち、ご飯あまりないのかなぁ…先週は休暇村前はうさぎも人間もわらわら状態でしたが…
我が家のうさぎさんはやっぱり幸せよね…
2013.03.26 Tue l ぼたん母. URL l 編集
私も大久野島に行ってみたいです
香林様、こんばんは。
 先だっては、私のブログに暖かいコメント入れていただきありがとうございました。ブログの使い方を理解しておらず、コメントいただいたことに、つい先日ようやく気付いた次第です。本当に申し訳ございませんでした。
 私も大久野島のことはうさぎの雑誌で知りました。図らずもうさぎにどっぷりはまってしまった手前、うさぎを愛する者としていつかは訪れなければと思っていましたが、香林様の記事を拝見させていただき、すぐにでも訪れてみたくなりました。瀬戸内のどこにあるのか調べていなかったのですが、しまなみ海道の大三島の隣と分かりました。しまなみ海道は何回か訪れたことがありますので、次回訪れた際には必ず大久野島に行ってみたいと思います。厳しい境遇のうさぎさんもいるようですが、実際のこの目で事実を確認してみたいと思います。
 我が家のうさぎも世代交代して威厳のあるうさぎ爺様からチロルちゃんのようにかわいいうさぎさんにバトンタッチ致しました。やんちゃないたずらに右往左往している状態で先代「はる」さんのようにたっぷり愛情を注いでいるかと言われるとまだまだなのですが、これから時間をかけて信頼関係を築いていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
2013.04.24 Wed l Takiharu. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://chirolizm.blog42.fc2.com/tb.php/221-8c69d130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。