FC2ブログ
チロルが旅立った7月も終わり、もう8月です。
こうしてどんどん過去の出来事になっていくのが
何とも言えず淋しい気持ちになります。。。

過去になって、記憶がどんどん薄れていく前に
チロルの事を書き残しておきたいと思い、書いています。



チロルが心臓の病気になったのは2017年9月17日の事でした。

2018-08-01a.jpg

右側が心嚢水になった時のレントゲン写真です。
左が2017年11月3日の写真。
1日2回の投薬で心臓の大きさはすぐに正常になりました。
心臓の薬は飲み始めると、止めるという選択肢はなくなるそうですが、
投薬を1日1回に減らしても順調に維持できていたので、
なるべく薬の量を減らしましょうという事で、
2018年5月28日の通院で薬を2日に1日に減らす事になりました。

今から思えば、うさぎさんが体調を崩しやすい6月にそんな事をしなければ良かった
などと後悔しているのですが、なるべく薬に頼らないようにしないと、
次にまた症状が出た時に薬が効かなくなるらしく…。
薬を減らさなくても結果は変わらなかったかもしれないし、
どれだけ後悔をしたところでチロルは戻って来ないんですよね…。

最初の異変に気付いたのは、
チロルの目の周りがなんとなく赤くなっていて
目が開け辛そうで、鼻もぷーぷーと苦しそうだったのです。

(6月13日)
2018-08-01b.jpg

2018-08-01c.jpg

最初の異変は右目でした。
6月12日に病院に連れて行くと、
目だけではなく、陰部も腫れていると…。
薬を減らしたことによる免疫力の低下で
粘膜が腫れているのだと…。
「お薬を朝晩2回に戻してください。3日ほどで良くなると思います。」
と言われました。
しかし薬を1日2回にしても目の状態は変わらず…。
再び病院に行き、薬を変えて様子を見ることに。
1週間ぐらいで改善すると言われましたが、どんどん酷くなっていきました。
それから1週間ごとに病院に通いました。

それでも6月末まではケージ内のロフトにも上がれていましたが、
7月に入ると、陰部の腫れで痛いのか、歩き方もおかしくなってしまいました。
怪我をしてはいけないと、あわててロフトに上がるステップを撤去。
最初は右目の腫れでしたが、
いつの間にか左目の方が目が開かなくなっていました。

牧草も食べなくなり、
どうにか食べてくれるようにと野菜をあげていました。
急激な食の変化で、腸内細菌のバランスも崩れたのだと思います。
ウンチもベチャ糞ばかりになり、すぐに手足が汚れてしまいました。
口の周りも野菜の汁で汚れてしまい、
キレイ好きのチロルは必死でグルーミングばかりしていましたが、
筋力も落ちてバランスが取れずヨタつくことも…。

私は日に日に弱っていくチロルを見て、
どうすることもできずにオタオタするばかりでしたが、
それでも今までチロルは色々な事に打ち勝ってきたのだから
今回も大丈夫、まだまだ長生きできると信じていました。
もうすぐ11歳になろうかというチロルに、
そんな考えは甘かったんですね。。。

最後の1週間の話はまた次の回に…。。。


2018.08.04 Sat l うさぎ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://chirolizm.blog42.fc2.com/tb.php/233-7c8fadf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)