上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2008年8月14日、ちょうど一年前の今日から

チロルと私の同居生活がスタートしました。

Image20080814.jpg

初めてウチに来た時の写真です。

携帯の写真なんで、写りが悪いですが、なかなかの美ウサちゃんでしょハート



=== ここから文章ばかりです。 ===



写真を見てもわかるとおり、チロルが私のところに来たときは

すでに1歳になっていました。



チロルは、結婚して家を出ていた私の弟が

立ち寄ったペットショップで気に入って買ってきたのでした。

2007年8月20日、たぶん生まれて1~2ヶ月ぐらいだと思われます。

最初は可愛がっていたようですが、奥さんの妊娠が11月頃にわかり、

それからというもの、アレルギーが出たら困るからと、

ほぼケージから出してもらえなかったようです。

一番遊びたい盛りの時に。

まだアレルギーが出たわけでもなかったのに。



一度3月ごろに弟が住んでる家に用事で行った時には、

百均の網で囲っただけのケージより狭い場所で、

玄関のたたきのところに置かれていました。

その時は私もうさぎの事を良く知らなくて、“かわいいね~”と触ってたのですが、

今から考えたらなんて環境にいたんだ!と思います。



弟は自分の子供が産まれるまでに、チロルを手放したかったようで

私に「うさぎ飼わへんか?誰か飼ってくれそうな友達とかおらん??」

と聞いてきました。

「自分で飼ったのだから、自分でも探してよ。」と言いつつ、

子供のいる友達に“うさぎ飼わない?”とか、

その子が通う小学校はどう??とか聞いていました。

私のうさぎに対する知識もその程度しかなかったのです。



弟の嫁さんの妊娠をきっかけに、二世帯住宅にすることになり、

結局新しい飼い主が見つからないまま、家が完成すると同時に

ウチへチロルを持ってきたのでした。

とりあえずという事で私の部屋にケージを置いていたのですが、

(ウチの両親は納戸にケージを置こうとしていた!)

仮にでも私の部屋に居る間ぐらい、満足な生活をしてもらいたいと

色々インターネットで調べたり、ものを揃えたりしているうちに、

うさぎの可愛さ、奥深さにハマってしまい、自分が飼う事を決心したのでした。

(まぁ色々と問題があったんですけど、その話はまた次回に。)



私の飼い方が完璧というわけではないけれど、

1日1回はケージから出して遊ばせてあげるとか、

掃除も毎日するだとか(何回か次の日になってしまうこともありました汗;)、

爪を切ってもらうだとか(弟が飼ってた1年間は爪切った事なかったらしい!)、

かかりつけの病院を見つけて健康診断をしてもらうだとか、

最低限の事はやっています。



ホントに、安易に動物を飼うのはやめてもらいたい。

アレルギー等、ひどくなると命に関わる事もあるので

仕方のない事もあるとは思いますが、

その時は次の飼い主を探して最善を尽くしてほしい。

可愛いからとか自分が癒される事だけ考えて飼って、

手に負えなくなったら簡単に手放すのは理解できません。

うさぎも人も一緒の生き物です。もし自分がうさぎだったら、

信頼していた飼い主に突然捨てられたら、なんて考えたら悲しくてたまりません。

(とか言いながら“蚊”とかは平気で叩いてしまうし、牛肉だって食べます。
“命”の話をするのはなかなか難しいことなのですが。。。)

ペットとして産まれてきて、人間の勝手で捨てられる命は減らしてほしい。
(というか“0(ゼロ)”に!!)



二世帯住宅なので、結局は一緒に住んでるやん!!なんで世話出来んのや!!

と弟に対して色々思う事があったのですが、

私がお世話するようになって1~2ヶ月経った頃、弟がチロルを見に来たとき、

チロルをなでようとケージを開けたら、チロルが飛び出てきて

弟に向かって“ブーッ”と鼻を鳴らして威嚇したのです。

私はそれでスーッと気が晴れました。

弟は“俺の知ってるチロルじゃない!”とか言ってましたが、

この自己主張するのがホントのチロルなんだよ!!!







2009.08.14 Fri l うさぎ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

1年記念日おめでとうございまーす(^_^)∠※PAN!
香林さん、チロルちゃん、こんにちは!
チロルちゃん、ほんと美人うさちゃんですね(*^.^*)
でも、なかなか気が強いところもあるようで、
うさちゃんはどこかしら女王様な所があるんでしょうか?

動物をお迎えしたら、最後まで見てあげて欲しいな~とは思いますが
色々事情があり、なかなかそれができない人もいますよね。

初めの家族の元では、残念ながら辛い思いをしたけれど
お世話が難しい家族よりも、香林さんの所に迎えられて
結果よかったんだと思いますよo(^o^)o

チロルちゃんの威嚇は、大好きな香林さんとの生活を邪魔しないで~
という気持ちだったのかな~(^^;

生きていくため他の命をもらっているのは、人も動物も同じですが
外見を飾ったり、趣味を楽しむだけの目的で、無駄に命を奪うこと
はして欲しくないです。
2009.08.14 Fri l Belly. URL l 編集
*** Belly さま ***

ありがとうございます♪
チロルの弟に対する威嚇が、そういう気持ちだったのなら
私としてはとても嬉しいですね(*^-^*)。

1年って早いですね~。
たった1年でも、チロルから沢山の幸せをもらったような気がします。
私はお返しできてるのかな??

これからもチロルとの時間を大切にしていきたいと思います。

ホントに、捨てられる命がこれ以上増えないでほしいと思います。
2009.08.17 Mon l 香林. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://chirolizm.blog42.fc2.com/tb.php/29-9f2463a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。